HOME >着物アラカルト

着物アラカルト

着物通販の呉服問屋.comでは、皆さまに安心してご購入いただくために、SSLによる暗号化によるショッピングシステムを導入しております。以下では、買い物カゴから決済の方法までの流れをご説明いたします。

|着物・浴衣のお手入れ|着物・浴衣のたたみ方帯・襦袢のたたみ方


着物・浴衣のお手入れ

着物・浴衣のお手入れは慣れれば簡単ですが、初めて着物を着る方や、着始めて間もない方には案外難しいものです。そこで、呉服問屋.comでは着物のお手入れ方法をご案内します。

1.風を通す

風を通す

着物・浴衣を脱いですぐにしまうとカビが発生したり、汗のにおいが染み付いたりしてしまいます。
一度着た着物は、ハンガー(あれば衣紋かけ)にかけて風通しのよい日陰につるし、2〜3時間風を通して、体温や湿気を取ります。
長襦袢(じゅばん)、帯、帯締め、帯揚げなども同様に風を通し、草履も玄関などに一晩たてかけて湿気を取ります。

2.洗濯する

洗濯する

肌襦袢や裾よけなどの下着類は、汗も汚れもたくさん吸っています。洗濯機で普通に洗えるので、できるだけ早く洗濯しましょう。裾よけのひもは、軽く結んでおくと絡みません。
足袋はブラシを使ってつま先や足袋底の汚れを落としてから洗濯機へ。汚れのひどい場合は付けおき洗いします。いずれも干す時は、形を整えながらシワを伸ばして干しましょう。
長襦袢は着るたびに洗う必要はありませんが、気になる時は半襟をはずしてシルク洗剤でそっと手洗いを。 タオルで水気を十分にとって陰干しします。
※着物を洗濯する時は、洗濯表示に従ってください。

3.収納する

収納する

帯揚げは軽くアイロンを当ててシワを取り、絞りの場合はつぶさないように軽く巻いて、それ以外は軽く巻くかふんわりとたたんでしまいます。 帯締めは房をくしでとかして流れを整え、和紙や薄紙で包みます。これを半分に折り、さらに1/3か1/4にたたんで収納します。
半襟はラップの芯などにくるくると巻いてしまうと、折りじわが付きません。軽い汚れなら消しゴムで落ちますが、ひどい場合は専門店に相談を。
草履は柔らかい布で汚れを落とし、鼻緒に薄紙を巻いてから収納しましょう。湿気を嫌うので、乾燥剤を入れておくといいでしょう。

着物アラカルト

お買い物方法

お支払い方法
お支払い方法は、以下の方法になります。
・代金引換/銀行振込
詳しくはこちらをご覧ください。
商品発送について
配送については、「佐川急便」にて配送させていただきます。詳しくはこちらをご確認ください。
送料
送料について、詳しくはこちらをご覧ください。
お問い合わせ
株式会社アットクリエイト
(アット直販モール)
大阪府大阪市中央区本町橋2-17 3F
電話番号:06-6949-3614
E-mail:customer@gofuku-tonya.com
URL:http://www.gofuku-tonya.com
担当者:深江慎介

2012年6月

         
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2012年7月

         
123456 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
定休日
定休日は、お電話やメールでのお問い合わせにはご対応いたしておりません。
Webでの商品ご注文は年中無休でお受けしておりますが、
発送の手配は翌営業日からとなります。

ページの上部へ